国内外ニュース

民進代表選、前原氏が優勢 枝野氏追う、9月1日投開票

 前原誠司元外相  前原誠司元外相
 民進党代表選が9月1日に投開票されるのを前に、共同通信社は投票資格を持つ国会議員(142人)と国政選挙の公認内定者(127人)を対象として支持動向を30日までに調査した。前原誠司元外相(55)がいずれも過半数の支持を固めたことが判明。枝野幸男元官房長官(53)は追い上げを図っているが、残る地方議員や党員・サポーターの「地方票」も国会議員らの一定の影響を受ける傾向があり、前原氏が全体で優位に立つ終盤情勢となった。

 前原氏は国会議員約90人、内定者約65人から、枝野氏は国会議員約40人、内定者約25人から、それぞれ支持を確保するめどを付けた。

(8月31日2時11分)

政治(8月31日)