国内外ニュース

スイスで31歳邦人男性遭難死 マッターホルン登山中

 【ジュネーブ共同】スイスの警察当局は30日、今月27日にアルプスの名峰マッターホルン(標高4478メートル)で日本人男性(31)が登山中に転落死したと発表した。男性は1人で登山中だった。転落した原因は不明。

 警察や地元メディアによると、他の登山者がマッターホルンの東側斜面の3400メートル地点で男性が倒れているのを見つけ、警察に連絡。ヘリコプターで救出に向かったが、男性は既に死亡していた。所持品などから身元が確認された。

 在ジュネーブ領事事務所は、遺族の希望で氏名などは公表できないとしている。

(8月31日6時25分)

国際(8月31日)