国内外ニュース

皆川夏穂が42年ぶり個人メダル 世界新体操フープで銅

 個人種目別決勝のフープで銅メダルを獲得した皆川夏穂=ペーザロ(共同)  個人種目別決勝のフープで銅メダルを獲得した皆川夏穂=ペーザロ(共同)  新体操の世界選手権個人種目別フープで銅メダルを獲得した皆川夏穂(右端)。日本勢の個人で42年ぶりに表彰台に上った=30日、ペーザロ(共同)  新体操の世界選手権個人種目別フープで銅メダルを獲得した皆川夏穂(右端)。日本勢の個人で42年ぶりに表彰台に上った=30日、ペーザロ(共同)
 【ペーザロ(イタリア)共同】新体操の世界選手権は30日、イタリアのペーザロで開幕して個人2種目が行われ、種目別決勝のフープで昨年のリオデジャネイロ五輪代表の20歳、皆川夏穂(イオン)が17・700点で銅メダルを獲得した。日本勢の個人では1975年大会のフープで金メダルに輝いた平口美鶴以来、42年ぶりとなる表彰台に上がった。

 皆川はボールでも予選の上位8人による決勝に進み、16・300点で8位。16歳で初出場の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)はフープで決勝に進出し、16・650点の7位と健闘した。

(8月31日8時07分)

国際大会(8月31日)