国内外ニュース

自動走行の官民協議会が始動 実用化へ実験成果を共有

 政府は31日、車の自動走行を早く実用化しようと、ヤマト運輸などの民間企業や有識者とつくる官民協議会の初会合を開いた。企業が参加する実証実験で得られたデータを共有し、来年6月をめどに策定する新たな成長戦略に成果を反映させる。

 政府は本年度以降、企業と協力して全国の公道で約20の実証事業を行う計画で、一部は既に始まっている。初会合にはヤマトのほか、IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)や日本自動車工業会(自工会)、国土交通省など関係省庁の幹部らが出席し、協力関係の強化を急ぐ。

(8月31日9時01分)

経済(8月31日)