国内外ニュース

改良型迎撃ミサイル取得を要求 防衛費、過去最大5兆2千億円

 防衛費の推移  防衛費の推移  2018年度予算の概算要求の省議であいさつする小野寺防衛相=31日午後、防衛省  2018年度予算の概算要求の省議であいさつする小野寺防衛相=31日午後、防衛省
 防衛省は31日、2018年度予算の概算要求で、米軍再編関連経費などを含めて総額5兆2551億円(17年度当初予算比2・5%増)を計上することを決定した。北朝鮮による弾道ミサイル発射への対処策を重視した内容で過去最大。海上自衛隊のイージス艦に搭載する改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費472億円を盛り込んだ。

 新装備として導入を決めた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」は金額を示さない「事項要求」として記載。米国と購入に向けた協議を進め、予算案編成時に詳細な設計費を計上する方向だ。

 防衛予算は17年度予算まで5年連続で増加している。

(8月31日14時15分)

政治(8月31日)