国内外ニュース

華子さま、腰痛の治療で入院へ 数週間、手術の予定なし

 宮内庁は31日、常陸宮妃華子さま(77)が腰痛の治療のため、9月1日からがん研究会有明病院(東京都江東区)に入院される、と発表した。

 宮内庁によると、華子さまは数カ月前から腰痛の症状があり、8月に同病院を受診し、加齢による腰椎変形性脊椎症と診断された。入院期間は未定で数週間程度となる見通し。手術の予定はなく、精密検査を受け、治療やリハビリをする。

 華子さまは昨年7月、両側変形性股関節症の治療で人工関節置換手術を受けている。

(8月31日16時36分)

社会(8月31日)