国内外ニュース

「祇園をどり」を前に衣装合わせ 芸舞妓があでやかにポーズ

 京都五花街・祇園東の「祇園をどり」を前に衣装合わせし、色とりどりの着物姿で写真撮影に臨む芸妓と舞妓=31日午後、京都市東山区  京都五花街・祇園東の「祇園をどり」を前に衣装合わせし、色とりどりの着物姿で写真撮影に臨む芸妓と舞妓=31日午後、京都市東山区
 京都五花街の一つ、祇園東が毎年11月に行う舞台「祇園をどり」を前に、京都市東山区の祇園会館で31日、芸妓や舞妓の衣装合わせがあり、あでやかにポーズを決めてポスターやパンフレット用の写真撮影に臨んだ。

 今年の演目は「雪月花東山風情」。五山の送り火や八坂の桜など、京都の四季の風物詩を題材とし、芸妓と舞妓計17人が踊りを披露する。

 初舞台を迎える舞妓の涼真さん(15)は「舞台に立って緊張したが、初めて見える景色にわくわくした。稽古の成果を見てもらいたい」と期待を膨らませた。

 祇園をどりは11月1~10日、祇園会館で1日2回開催。

(8月31日16時40分)

暮らし・話題(8月31日)