国内外ニュース

日韓、米軍機と共同訓練 「目に見える形」でけん制

 北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた共同訓練で、九州周辺空域を飛行する米軍のB1戦略爆撃機(上の2機)、航空自衛隊のF15戦闘機(中央の2機)、米海兵隊のF35ステルス戦闘機(下の2機)=31日(航空自衛隊提供)  北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた共同訓練で、九州周辺空域を飛行する米軍のB1戦略爆撃機(上の2機)、航空自衛隊のF15戦闘機(中央の2機)、米海兵隊のF35ステルス戦闘機(下の2機)=31日(航空自衛隊提供)
 北朝鮮による日本上空を通過する弾道ミサイル発射を受け、航空自衛隊のF15戦闘機と米空軍のB1戦略爆撃機などが31日、共同訓練を実施した。日米は「目に見える形」で北朝鮮に圧力を強める方針を確認しており、それを受けた対抗措置の一環。米軍機はその後、朝鮮半島上空で韓国軍とも共同訓練をした。

 日米韓の同様の訓練は弾道ミサイル発射後に何度も行われているが、自制に結びついているとは言えない。北朝鮮が強く反発していた米韓定例合同指揮所演習は同日、終了したが、9月9日の建国記念日を控え、北朝鮮が弾道ミサイル発射や核実験を行う可能性があるとみて、日米韓が警戒している。

(8月31日19時37分)

社会(8月31日)