国内外ニュース

日英、圧力強化と非核化へ連携 共同宣言、産業政策対話を新設

 国家安全保障会議の特別会合に招かれ、あいさつする英国のメイ首相(左)。右は安倍首相=31日午後、首相官邸  国家安全保障会議の特別会合に招かれ、あいさつする英国のメイ首相(左)。右は安倍首相=31日午後、首相官邸  英国のメイ首相(右)との会談を前に握手を交わす安倍首相=31日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)  英国のメイ首相(右)との会談を前に握手を交わす安倍首相=31日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
 安倍晋三首相は31日、英国のメイ首相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。北朝鮮による核・ミサイル開発阻止のため、朝鮮半島の非核化と国連安全保障理事会制裁決議の厳格な履行に向け、連携を強化する方針で一致した。米国や韓国などと共に北朝鮮への圧力をさらに強める。経済関係では、ハイレベルの実務者による日英間の「産業政策対話」の新設と開始で合意。こうした成果を盛り込んだ、安保・経済分野での協力に関する共同宣言を発表した。

 会談で安倍首相は「基本的価値を共有する戦略的パートナーとして、英国を一層重視」と強調。メイ氏は「将来の鍵となる大切なパートナーは日本」と述べた。

(8月31日20時32分)

政治(8月31日)