国内外ニュース

デフリンピック選手団、帰国報告 藤原慧選手「知られてうれしい」

 7月にトルコのサムスンで行われた聴覚障害者の国際総合スポーツ大会、デフリンピックで、史上最多27個のメダルを獲得した日本選手団の帰国報告会が31日、東京都内で行われ、競泳の藤原慧選手(日大)は首から金3を含む9個のメダルをぶらさげ「まだまだ知名度は低いが、こうした形で知ってもらえてうれしい」と喜んだ。

 1セットも落とさず優勝したバレーボール女子の宇賀耶早紀主将(富士ゼロックス)は「アスリートとして五輪やパラリンピックと同様の評価を受けたい。メダルへの報奨金制度もつくってほしい」と訴えた。

(8月31日18時16分)

国際大会(8月31日)