国内外ニュース

予算概算要求、総額101兆円 防衛、社会保障で増額圧力

 文科省の担当者(右)と概算要求の金額を照合する財務省の担当者=31日午後、財務省  文科省の担当者(右)と概算要求の金額を照合する財務省の担当者=31日午後、財務省
 政府は31日、2018年度予算の概算要求を締め切った。各省庁からの一般会計要求総額は101兆円前後に膨らみ、北朝鮮情勢への対応を迫られる防衛、高齢化に加え子育て支援の重要性も増す社会保障費で特に増額圧力が強まっている。安倍政権が掲げる「人づくり革命」の柱となる教育無償化は現時点で必要額を示さず、年末にかけて制度設計を進める方針。財源確保が焦点となる。

 要求総額は4年連続で100兆円を突破した。国債の利払いを低く見込んだため、17年度の101兆4707億円を下回ったが、国債費を除く政策経費は77兆円程度と拡大を続けている。

(8月31日18時16分)

経済(8月31日)