国内外ニュース

福島県立医大に「保健科学部」 被災者支援や高齢化対応

 福島県立医大は31日、2021年度に開設する新学部の名称を保健科学部(仮称)と発表した。東京電力福島第1原発事故の避難生活で健康を悪化させた被災者の支援や、高齢化への対応が狙い。文部科学省の設置許可が出れば正式名称となる。

 理学療法学科、作業療法学科、診療放射線科学科、臨床検査学科の4学科を置き、定員は計145人。既存の医学部、看護学部と合わせて、チーム医療を学ぶ環境の整備を目指す。新校舎をJR福島駅前に建設し、18年度に着工予定。

(8月31日18時36分)

科学・環境(8月31日)