国内外ニュース

民進新代表、前原氏が有力 1日の臨時党大会で選出へ

 民進党代表選は1日午後、東京都内のホテルで開く臨時党大会で投開票される。国会議員と国政選挙の公認内定者が投票し、郵便投票による地方議員や党員・サポーターの「地方票」と合わせて新代表を選出。共同通信社の調査では、前原誠司元外相(55)が国会議員の6割、内定者の過半数の支持を固めて枝野幸男元官房長官(53)をリードしている。地方票は国会議員らの影響を受ける傾向があり、前原氏の選出が有力視される。

 前原、枝野両陣営は8月31日、投票先が未定の国会議員らに最後の働き掛けを続けた。郵便投票は30日必着で締め切られた。

(8月31日19時06分)

政治(8月31日)