国内外ニュース

五輪入場券の転売規制法など要請 組織委が政府、議連に

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、超党派のスポーツ議員連盟などの合同総会で、入場券の高額転売や「アンブッシュ・マーケティング」と呼ばれる不正便乗商法を規制する法整備を政府と議連に正式に要請した。国際オリンピック委員会(IOC)から対応を求められているものの、現行の国内法の枠内では限界があるため。内閣官房と関係省庁で必要性を協議し、議連も検討チームを立ち上げる。

 議連幹事長を務める遠藤元五輪相は、開会式が行われる7月24日を道路交通の混乱を避けるため休日にする案について、議員立法で来年の通常国会への関連法案提出を目指す方針を報告した。

(8月31日19時51分)

国際大会(8月31日)