国内外ニュース

米軍、エンジン交換へ 大分空港のオスプレイ

 緊急着陸したオスプレイ(右)が駐機を続ける大分空港に到着したC130輸送機(左)=31日午後7時20分ごろ、大分県国東市  緊急着陸したオスプレイ(右)が駐機を続ける大分空港に到着したC130輸送機(左)=31日午後7時20分ごろ、大分県国東市
 米軍新型輸送機オスプレイが緊急着陸した大分空港(大分県国東市)に31日夜、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)からC130輸送機が到着し、エンジン2基と投光器1台、整備用資材一式が降ろされた。大分県によると9月1日午前、修理に着手する予定。エンジン交換も行われるとみられる。

 県などによると、米軍はエンジン交換が必要だとしており、深刻なトラブルの可能性もある。31日午前に整備のため航空機で工具を搬入予定だったが、取りやめになっていた。

 米軍普天間飛行場所属のオスプレイ1機は29日午後6時34分、大分空港に緊急着陸した。離陸の具体的な見通しは立っていない。

(9月1日0時30分)

社会(9月1日)