国内外ニュース

サファテ、パ新の44セーブ 自身の記録を更新

 今季44セーブ目を挙げ、自身の持つパ・リーグ記録を更新したソフトバンクのサファテ=札幌ドーム  今季44セーブ目を挙げ、自身の持つパ・リーグ記録を更新したソフトバンクのサファテ=札幌ドーム
 ソフトバンクのデニス・サファテ投手が31日、札幌ドームで行われた日本ハム23回戦で今季44セーブ目を挙げ、自身のパ・リーグ記録を更新した。プロ野球記録は2005年の岩瀬仁紀(中日)、07年の藤川球児(阪神)がマークした46セーブ。ソフトバンクは24試合を残しており、記録更新の期待が懸かる。

 サファテは4―3の九回に登板して三者凡退に抑えた。記録について「更新できたらいいがリーグ優勝することが一番大事」と話した。

 米国出身で来日7年目。広島、西武を経て14年からソフトバンクでプレーし、今年4月に通算178セーブとして外国人投手のプロ野球記録を塗り替えた。

(9月1日1時46分)

プロ野球(9月1日)