国内外ニュース

米、ロシア総領事館の閉鎖要求 外交官ら削減に対抗措置

 【ワシントン、モスクワ共同】米国務省のナウアート報道官は8月31日、サンフランシスコにあるロシア総領事館を閉鎖するようロシア政府に要求する声明を発表した。首都ワシントンとニューヨークのロシア公館の閉鎖も求め、いずれも9月2日を期限とした。ティラーソン米国務長官がロシアのラブロフ外相に電話で通告した。

 米議会が7月、対ロ制裁強化法案を可決したことに反発したロシアが自国にいる米外交官らを在米ロシア外交官と同じ455人にするよう求め、9月1日までの実施を迫ったことへの対抗措置。

 ナウアート氏は、米外交官らの削減要求は「不当で米ロ関係に有害だ」と非難した。

(9月1日7時36分)

国際(9月1日)