国内外ニュース

福岡金塊窃盗、3人追送検 犯罪収益隠匿疑い

 福岡市博多区で昨年7月、約7億5千万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡県警は1日、他人名義で金塊の一部を売却したとして、会社役員野口和樹容疑者(42)=窃盗罪で起訴=ら3人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の疑いで追送検した。

 捜査関係者によると、ほかに追送検したのは和樹容疑者の兄で会社員直樹容疑者(43)と会社役員沓掛祐介容疑者(38)。追送検容疑は昨年7月に2回にわたって、盗んだ金塊計90キロを他人名義で東京都内の貴金属販売店に売却、計約4億3千万円の犯罪収益を隠した疑い。

(9月1日12時06分)

社会(9月1日)