国内外ニュース

静岡、焼津信金が合併へ 浜松と磐田も、経営強化

 静岡県の静岡信用金庫(静岡市)と焼津信用金庫(焼津市)は1日、2019年2月をめどに対等合併すると発表した。浜松信用金庫(浜松市)と磐田信用金庫(磐田市)も合併する方針で、同日夕に正式発表する。

 日銀のマイナス金利政策により収益環境の悪化が続き、合併を通じて経営基盤を強化する。静岡県内の信用金庫の数は12から10に減る。

 17年3月末の預金量は、静岡信金が県内2位の8459億円、焼津信金は6位の5862億円で、単純合算すると1兆4321億円になる。

 東海地域では三重県の三重銀行(四日市市)と第三銀行(松阪市)が経営統合することで基本合意している。

(9月1日12時41分)

経済(9月1日)