国内外ニュース

パラグアイも共催に名乗り サッカーの30年W杯

 南米サッカー連盟のドミンゲス会長(左)と談笑するパラグアイのカルテス大統領=31日、アスンシオン(ロイター=共同)  南米サッカー連盟のドミンゲス会長(左)と談笑するパラグアイのカルテス大統領=31日、アスンシオン(ロイター=共同)
 パラグアイのカルテス大統領は8月31日、アルゼンチンとウルグアイとともにサッカーの2030年ワールドカップ(W杯)共催を目指す考えを示した。自身のツイッターに「アルゼンチン、ウルグアイの大統領と合意した」とつづった。

 1930年の第1回大会を開催したウルグアイと、アルゼンチンが既に共催案で立候補に動いており、そこにパラグアイが加わった。3カ国の共催としては、米国、カナダ、メキシコが2026年大会の開催を目指している。(AP=共同)

(9月1日15時20分)

サッカー(9月1日)