国内外ニュース

さい銭泥棒、無罪判決 宮司の証言「信用できず」

 東京都足立区の神社で1月2日にさい銭箱の現金を盗もうとしたとして窃盗未遂罪に問われた墨田区の無職男性(48)に、東京地裁は1日、無罪(求刑懲役1年)を言い渡した。目撃したとする宮司の証言は信用できないと判断した。

 検察側は「さい銭箱を揺らすジャラジャラジャラという音を聞き、箱を20~30センチほど持ち上げるのを見た」とする宮司の証言を立証の柱としていた。

 園原敏彦裁判官は「三が日で人が多く、大きな音を鳴らすのは泥棒の行動として不合理」と指摘。宮司と男性は約11メートル離れ、周囲も薄暗かったことから箱を持ち上げたとする証拠はないと認定した。

(9月1日16時21分)

社会(9月1日)