国内外ニュース

器物損壊容疑で誤認逮捕、神奈川 県警、2日間勾留

 神奈川県警伊勢佐木署は1日、飲食店の看板を壊した器物損壊容疑で川崎市の男性会社員(22)を誤認逮捕し、2日間勾留したと発表した。目撃者や一緒にいた人物の間違った証言をうのみにしてしまったという。

 署によると、7月11日午後9時45分ごろ、横浜市中区野毛1丁目の飲食店前に置かれた看板が壊され、約1時間半後に男性を逮捕した。男性は「一緒にいた先輩がやった」と容疑を否認していたが、署は同13日に横浜区検に送検。裁判所が同日、横浜区検の勾留請求を却下したため釈放した。

 その後、先輩の男性会社員(24)=東京都中野区=が壊した疑いが強まり、書類送検した。

(9月1日17時46分)

社会(9月1日)