国内外ニュース

Sトラック、高3吉永が3度目V 全日本距離別1500m男子

 男子1500メートル決勝 優勝した吉永一貴(右)。左は2位の坂爪亮介=帝産アイススケートトレーニングセンター  男子1500メートル決勝 優勝した吉永一貴(右)。左は2位の坂爪亮介=帝産アイススケートトレーニングセンター
 スピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権は1日、長野県の帝産アイススケートトレーニングセンターで開幕し、1500メートルの男子は愛知・名古屋経大市邨高3年の吉永一貴が2年ぶり3度目の優勝を果たした。2014年ソチ冬季五輪代表の坂爪亮介が2位、斎藤慧が3位に入った。

 女子は菊池純礼が初制覇し、10年バンクーバー、14年ソチ両五輪代表の酒井裕唯が2位、菊池悠希が3位だった。

 3日間で行われる今大会は来年の平昌五輪代表選考会を兼ねており、8~10日に同じ会場で行われるW杯代表選考会、12月の全日本選手権(名古屋市)の3大会の成績で代表を決める。

(9月1日18時36分)

スポーツ(9月1日)