国内外ニュース

元朝日の植村隆氏、調停申し立て 産経にコラム訂正求める

 調停申し立て後、記者会見する元朝日新聞記者の植村隆氏=1日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ  調停申し立て後、記者会見する元朝日新聞記者の植村隆氏=1日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
 元朝日新聞記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏(59)が1日、産経新聞に掲載されたジャーナリスト桜井よしこ氏のコラムに誤りがあるとして、産経新聞社に訂正広告の掲載を求める調停を東京簡裁に申し立てた。

 植村氏は1991年、慰安婦として韓国で初めて名乗り出た女性の記事を執筆。桜井氏は2014年3月3日付の産経新聞1面で、この女性について「東京地裁に訴えを起こし、訴状で、14歳で継父に40円で売られ、3年後、17歳のとき再び継父に売られたなどと書いている」と指摘した。

 産経新聞社広報部は「申立書が届いていないのでコメントは差し控える」としている。

(9月1日18時30分)

社会(9月1日)