国内外ニュース

ロシア、米に対抗措置も 国務省の総領事館閉鎖要求で

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は1日、米国務省がサンフランシスコにあるロシア総領事館などの閉鎖を求めたことについて「分析を終えた上で同等の厳しい対抗措置を取ることになるだろう」と述べた。外交官を養成するモスクワ国際関係大の入学式で新入生の質問に答えた。

 一方、関係改善に向け米国と建設的な対話の用意があると強調。「タンゴを踊るには2人必要だが、米国は何度も単独のブレークダンスを踊っている」と述べ、対話を求めるロシアに対し米国が敵対姿勢を続けていると批判した。

 在サンフランシスコのロシア総領事館は1日からの受け付け業務停止を発表した。

(9月1日20時41分)

国際(9月1日)