国内外ニュース

徳島道事故「受け止められない」 1週間、遺族が心境

 徳島県鳴門市の徳島自動車道でトラックに追突されたマイクロバスの2人が死亡、14人が重軽傷を負った事故から1週間となった1日、亡くなった徳島県立富岡西高1年森下汐音さん(15)の遺族が代理人を通じて「いまだに現実を受け止められず、気持ちの整理ができない」との心境を文書で明らかにした。

 冒頭で「私たちにはもう娘が帰ってこないという実感がない」と記載。県警が現行犯逮捕し、自動車運転処罰法違反の疑いで送検したトラックの運転手に対しては「『前をよく見ていなかった』と報じられているが、それだけではないと思う。原因についてもっときちんと話してほしい」と求めた。

(9月1日21時10分)

社会(9月1日)