国内外ニュース

トルコ大統領が対米批判 デモ襲撃で警護官ら起訴

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は1日、5月の訪米時に自身の警護官らが駐米トルコ大使公邸前で抗議デモ参加者を襲撃したとして米国で起訴されたのは、米司法にとって「恥ずべきことだ」と批判した。トルコメディアなどが伝えた。

 ワシントンの大陪審は8月末、エルドアン氏の警護官ら19人の起訴を決定。トルコ側は、デモ参加者は非合法武装組織クルド労働者党(PKK)の関係者らだったと主張し、起訴に強く抗議している。エルドアン氏は、トランプ米大統領とこの問題を協議する意向も示した。

(9月1日21時41分)

国際(9月1日)