国内外ニュース

イスラム国指導者「生存」 捜索続けると米軍高官

 【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」(IS)掃討の有志国連合を率いる米軍のタウンゼンド中将は1日までに、ISの最高指導者バグダディ容疑者について「生存を示す」情報があると述べ、「死亡しているとは思わない。日々捜している」と強調した。

 電話を通じた記者会見で語った。タウンゼンド氏は、イラクとシリアの国境付近のユーフラテス川中流域に潜んでいる可能性があるとしたものの、明確な「手がかりはない」とした。

 ISがイラクで拠点としていた北部モスルやタルアファル、首都と称していたシリア北部ラッカにはいないとの見方も示した。

(9月2日0時36分)

国際(9月2日)