国内外ニュース

柔道、新井千鶴が初優勝 世界選手権女子70キロ級

 女子70キロ級で初優勝し、笑顔で引き揚げる新井千鶴=ブダペスト(共同)  女子70キロ級で初優勝し、笑顔で引き揚げる新井千鶴=ブダペスト(共同)
 【ブダペスト共同】柔道の世界選手権第5日は1日、ブダペストで男女計3階級が行われ、女子70キロ級は新井千鶴が初優勝した。準決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのジュリ・アルベアル(コロンビア)、決勝はマリア・ペレス(プエルトリコ)を破った。同級を日本選手が制するのは2003年の上野雅恵以来。

 女子78キロ級では梅木真美が決勝でマイラ・アギアル(ブラジル)に延長の末に優勢負けし銀メダルだった。1回戦から3試合を一本勝ちし、準決勝はマリンド・フェルケルク(オランダ)に勝って決勝に進んだが、2連覇を逃した。

 男子90キロ級に日本選手は出場していない。

(9月2日2時11分)

国際大会(9月2日)