国内外ニュース

ホンダ、670億円で和解 米国のタカタ集団訴訟

 タカタ米国法人本社のロゴマーク(ロイター=共同)  タカタ米国法人本社のロゴマーク(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】タカタの欠陥エアバッグ問題を巡り、米国の所有者らが自動車メーカーを相手取って起こした集団訴訟で、ホンダは1日、経済的な損失に対する補償として6億500万ドル(約670億円)を支払うことで和解したと発表した。この訴訟では日本やドイツの5社が既に和解しており、ホンダを含めると和解金は日本円換算で総額1300億円余りに上ることになった。

 訴訟資料やホンダによると、和解金は車の修理中に使ったタクシー料金などの費用補償のほか、エアバッグの交換を呼び掛けるための資金などに充てられる。タカタのエアバッグ搭載車はホンダが最多だった。

(9月2日9時27分)

経済(9月2日)