国内外ニュース

永井荷風晩年の創作ノート発見 2冊に作品の下書き

 永井荷風の戯曲「渡鳥いつかへる」の下書きとみられる小説が書かれていた創作ノート  永井荷風の戯曲「渡鳥いつかへる」の下書きとみられる小説が書かれていた創作ノート
 江戸文化や花柳界を題材にした作品などで知られる作家、永井荷風(1879~1959年)が晩年に書いたとみられる創作ノート2冊が、2日までに見つかった。小説や戯曲の下書きで、構成や言葉を何度も練り直した跡がうかがえ、作品の構想を練った過程が分かる資料だ。

 ノートは、川島幸希秀明大学長(日本近代文学)が昨年、東京都内の古書店で購入し分析。大学ノート2冊に計約200ページにわたって、短編「吾妻橋」など、50年代に発表した小説や随筆などの下書きが、鉛筆で記されていた。

 ノートの冒頭には「二人艶歌師」という題名の小説が書かれていた。

(9月2日13時15分)

文化・芸能(9月2日)