国内外ニュース

サッカー日本代表がジッダ入り サウジとW杯予選最終戦

 サウジアラビア戦に向け、ジッダの宿舎に到着したハリルホジッチ監督=2日(共同)  サウジアラビア戦に向け、ジッダの宿舎に到着したハリルホジッチ監督=2日(共同)
 【ジッダ(サウジアラビア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決めた日本代表は2日、サウジアラビアとのW杯アジア最終予選B組最終戦(5日)に向け、チャーター機で試合地ジッダに到着した。日中は35度近くまで気温が上がる酷暑で、夕刻に初練習をする。

 日本は8月31日にオーストラリアを下し、B組1位が確定した。長距離フライトを経て空港に降り立ったハリルホジッチ監督は「(オーストラリアに)勝ったから疲れはない」と上機嫌で「最終戦でも勝利を味わいたい。選手にはそうしてほしい」と意気込んだ。

 日本は長谷部と香川の両MFが外れ、25人で最終戦に臨む。

(9月2日16時46分)

サッカー(9月2日)