国内外ニュース

関電、「クロヨン」内部を公開 水力の利点説明

 黒部川第4発電所内で、発電機の説明をする関西電力の担当者=2日午後、富山県黒部市  黒部川第4発電所内で、発電機の説明をする関西電力の担当者=2日午後、富山県黒部市
 関西電力は2日、「クロヨン」の愛称で知られる水力の黒部川第4発電所(富山県黒部市)の内部の設備や、同発電所に水を送る国内最大級の黒部ダム(同県立山町)を報道陣に公開した。火力発電よりも短時間で出力を調整でき、電力需要に応じてきめ細かく稼働率を変えられる水力の利点を説明した。

 地下約200メートルにあるクロヨンは通常は公開しておらず、無人運転で富山市の指令拠点から遠隔操作している。発電機の水車が音を上げて高速で回転し、発電する。

 クロヨンは稼働開始から50年以上がたつが、出力は33万5千キロワットで今も関西の重要な電源となっている。

(9月2日17時10分)

経済(9月2日)