国内外ニュース

大橋が競泳女子200個メ2連覇 日本学生選手権第2日

 女子200メートル個人メドレー決勝 2分10秒33で優勝し、歓声に応える東洋大・大橋悠依=東和薬品ラクタブドーム  女子200メートル個人メドレー決勝 2分10秒33で優勝し、歓声に応える東洋大・大橋悠依=東和薬品ラクタブドーム
 水泳の日本学生選手権第2日は2日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームなどで行われ、競泳女子200メートル個人メドレーは世界選手権銀メダリストの大橋悠依(東洋大)が2分10秒33で2連覇した。

 200メートル自由形は男女ともに世界選手権代表が優勝。女子は五十嵐千尋(日体大)が1分59秒48で2年ぶり3度目の頂点に立ち、男子は松元克央(明大)が1分47秒56で初めて制した。男子100メートルバタフライは幌村尚(早大)が52秒03で初めて学生日本一となり、同200メートル個人メドレーは砂間敬太(中大)が制して1日の200メートル背泳ぎとの2冠を達成した。

(9月2日18時40分)

スポーツ(9月2日)