国内外ニュース

台風15号が北上続ける 暴風や高波に警戒を

 台風15号の予想進路(2日18時現在)  台風15号の予想進路(2日18時現在)
 大型で強い台風15号は2日、日本の東の太平洋上を北北東に進んだ。3日も勢力を維持したまま速度を上げて北上を続ける見込みで、気象庁は東日本と東北の太平洋側では暴風やうねりを伴った高波に警戒を呼び掛けている。4日には千島列島(クリール諸島)やカムチャツカ半島の東の海上まで移動し、温帯低気圧に変わるとみられる。

 気象庁によると、3日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は関東で20メートル(30メートル)、東北と北海道で18メートル(30メートル)。波の高さは関東と伊豆諸島、小笠原諸島で6メートル、東北の太平洋側で5メートル、北海道4メートル。

(9月2日19時51分)

社会(9月2日)