国内外ニュース

女子大生殺害容疑で送検、茨城 比国籍の35歳男

 2004年1月、茨城大農学部2年の女子学生=当時(21)=が殺害され茨城県美浦村で遺体が見つかった事件で、県警は3日午前、殺人と強姦致死の疑いで、フィリピン国籍の岐阜県瑞穂市、工員ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)を送検した。

 県警は2日、両容疑でモリ容疑者を逮捕した。捜査関係者によると、容疑を認めており、事件の経緯や動機を詳しく捜査する。

 送検容疑は04年1月31日午前0~6時半の間、美浦村舟子かその周辺で女子学生に性的暴行を加え、首を圧迫して殺害した疑い。

(9月3日8時21分)

社会(9月3日)