国内外ニュース

石川県で奥能登国際芸術祭が開幕 10月まで、廃止駅にも展示

 旧蛸島駅近くに展示されたトンネル状の作品=3日午後、石川県珠洲市  旧蛸島駅近くに展示されたトンネル状の作品=3日午後、石川県珠洲市
 能登半島の先端に位置する石川県珠洲市で、「最涯の芸術祭」をテーマにした奥能登国際芸術祭が3日、開幕した。使われなくなった駅舎や映画館などで作品を展示し、期間中に3万人の集客を目指す。10月22日まで。

 開会式で珠洲市の泉谷満寿裕市長は「半島の先端ならではの魅力がある。ゆっくり流れる時間の中でアートを楽しんでほしい」とあいさつした。

 11の国と地域から39組のアーティストが参加。観光客は芸術だけでなく、郷土料理で客をもてなす「ヨバレ」という風習を通じて地元の食文化に触れることもできる。

(9月3日18時17分)

文化・芸能(9月3日)