国内外ニュース

早大・渡辺が2年連続平泳ぎ2冠 日本学生水泳最終日

 男子200メートル平泳ぎ決勝 2分9秒26で優勝した早大・渡辺一平=東和薬品ラクタブドーム  男子200メートル平泳ぎ決勝 2分9秒26で優勝した早大・渡辺一平=東和薬品ラクタブドーム
 水泳の日本学生選手権最終日は3日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われ、男子200メートル平泳ぎは世界記録保持者の渡辺一平(早大)が優勝し、2年連続で100メートルとの2冠を果たした。タイムは2分9秒26と振るわなかった。

 女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(東洋大)が4分36秒48の大会新記録で制し、昨年に続く200メートルとの2種目制覇。女子200メートル平泳ぎは渡部香生子(早大)が2分24秒22で100メートルに続いて2年ぶりの優勝を果たした。女子100メートル自由形は五十嵐千尋(日体大)が55秒22で勝った。

(9月3日19時22分)

スポーツ(9月3日)