国内外ニュース

核実験にロシア「最大限の非難」 対話再開も呼び掛け

 【モスクワ共同】ロシア外務省は3日、北朝鮮の6回目の核実験について「国連安全保障理事会の決議や国際法を軽蔑するものであり、最大限の非難に値する」との声明を発表した。一方、朝鮮半島情勢の安定化に向け、関係国による即時の対話再開も呼び掛けた。

 声明は「世界の核不拡散体制を破壊する北朝鮮指導部の行動は、世界や朝鮮半島、地域全体に深刻な脅威をもたらす」と遺憾を表明。「同様のことを続ければ、北朝鮮自身に深刻な結果をもたらす」と指摘した。

 その上で、全ての関係国が「さらに緊張を高めるような行動を自制すべき」と強調し、威嚇の応酬を続ける米国と北朝鮮の双方をけん制した。

(9月3日19時50分)

国際(9月3日)