国内外ニュース

核実験、自民―恐怖に陥れる暴挙 民進―不測事態へ備えを

 自民党の北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の役員会であいさつする二階幹事長(中央)=3日午後、東京・永田町の党本部  自民党の北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の役員会であいさつする二階幹事長(中央)=3日午後、東京・永田町の党本部
 与野党は3日、北朝鮮による核実験強行について「わが国と世界を恐怖に陥れる暴挙だ」(二階俊博自民党幹事長)などと一斉に強く非難した。自民党は、国民の生命と領域を守るため、政府に万全の態勢構築を求める緊急声明を発表。民進党も不測の事態に備えるよう要請する前原誠司代表名の談話を出した。

 核実験を受け自民党は、北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の役員会を党本部で開催。取りまとめた緊急声明で「かつてなく深刻かつ重大な脅威に対処し、拉致被害者全員の早期帰国を実現するため、残された時間に一刻の猶予もない」と指摘し、日本政府にあらゆる施策の動員と迅速な実行を迫った。

(9月3日20時41分)

政治(9月3日)