国内外ニュース

坂本龍一さんがベネチアで会見 郷愁が音楽にひらめき

 第74回ベネチア国際映画祭で記者会見を終えて笑顔を見せる坂本龍一さん=3日、イタリア・ベネチア(共同)  第74回ベネチア国際映画祭で記者会見を終えて笑顔を見せる坂本龍一さん=3日、イタリア・ベネチア(共同)
 【ベネチア共同】イタリアで開催中の第74回ベネチア国際映画祭で3日、音楽家坂本龍一さんに密着したドキュメンタリー映画「Ryuichi Sakamoto CODA」が公式上映。上映前に記者会見した坂本さんは「(中咽頭がんと診断された)3年前から死がリアルで近いものになった。でも、過ぎ去ることやノスタルジーは音楽にひらめきを与えてくれています」と語った。

 監督は日本人の母と米国人の父を持つスティーブン・ノムラ・シブルさんで、2012年から密着取材。東日本大震災後に福島県内を坂本さんが巡る姿や、米ニューヨークの自宅での創作活動をつぶさに捉えた。

(9月3日21時46分)

文化・芸能(9月3日)