国内外ニュース

被爆地・広島、核実験に非難 「大きな過ち」「またか」

 北朝鮮が6回目の核実験を実施した3日、この日も多くの人が訪れていた平和記念公園。奥は原爆ドーム=広島市  北朝鮮が6回目の核実験を実施した3日、この日も多くの人が訪れていた平和記念公園。奥は原爆ドーム=広島市
 「国際世論への挑戦で、大きな過ちだ」「またか」。北朝鮮が6回目の核実験を実施した3日、広島の被爆者からは抗議や非難の声が相次いだ。核兵器禁止条約が7月に国連本部で採択されたばかりの時期の強行に、広島市の松井一実市長も「被爆者の願いを踏みにじる許し難い暴挙だ」との抗議文を北朝鮮側へ送った。

 広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「国際世論への挑戦だ。大きな過ちで厳重に抗議する」と主張。広島市安佐南区の被爆者畠山裕子さん(78)は「『またか』という思い。北朝鮮はどうしてその恐ろしさを知ろうとしないのか」と憤った。

(9月3日22時16分)

社会(9月3日)