国内外ニュース

米ゴルフ、松山は36位に浮上 プレーオフ第2戦

 第3ラウンド、12番でラインを読む松山英樹。通算イーブンパー=TPCボストン(共同)  第3ラウンド、12番でラインを読む松山英樹。通算イーブンパー=TPCボストン(共同)
 【ノートン(米マサチューセッツ州)共同】米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、デルテクノロジーズ選手権は3日、マサチューセッツ州ノートンのTPCボストン(パー71)で第3ラウンドが行われ、47位で出た松山英樹は3バーディー、2ボギーの70で回り、通算イーブンパーの213で36位に浮上した。

 63をマークしたジャスティン・トーマス(米国)と、65で回ったマーク・リーシュマン(オーストラリア)が通算12アンダーで首位に並んだ。1打差の3位でポール・ケーシー(英国)が追う。

(9月4日8時36分)

ゴルフ(9月4日)