国内外ニュース

ドライブレコーダー発火、回収へ ユピテル8万5千台

 ユピテルがリコールを実施するドライブレコーダー「DRY―FH200」  ユピテルがリコールを実施するドライブレコーダー「DRY―FH200」
 自動車用品メーカーのユピテル(東京)は4日、車両の前方の様子をカメラで記録することができるドライブレコーダー「DRY―FH200」約8万5千台のリコール(無料の回収と交換)を実施すると発表した。内蔵しているリチウムイオン電池から煙が出たり発火したりする恐れがあるため、別の機種に無償で交換する。

 対象製品は2012年10月~13年8月に販売した計約9万台の一部。残る約5千台は既に回収済みか、顧客が他の製品に買い替えたという。

 今年5月に兵庫県三田市と神奈川県横須賀市で、製品とその周辺が燃える事故がそれぞれ発生した。

(9月4日12時26分)

経済(9月4日)