国内外ニュース

神戸の知人を「私があやめた」 連続青酸事件で筧被告

 青酸化合物を使った近畿の連続殺人事件で高齢男性4人への殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)は4日、京都地裁(中川綾子裁判長)で開かれた裁判員裁判の被告人質問で、2009年に死亡した神戸市北区の知人末広利明さん=当時(79)=について「私があやめた」と話した。

 弁護側の質問で、末広さんに青酸を飲ませた理由を、他の女性に自分より多くお金を渡していたためと回答し、裁判長から「(夫の)筧勇夫さん殺人事件と混同していないか」と問われる場面もあった。一方、検察側の同じ質問では「返すべきお金を返せなかった。憎いと思ったことはない」と答えた。

(9月4日12時11分)

社会(9月4日)