国内外ニュース

飲酒運転か、2人死傷、三重 歩道に乗り上げ、男を逮捕

 4日午前5時35分ごろ、三重県名張市つつじが丘北の市道で、乗用車が右側の歩道に乗り上げ60代の男性2人をはねた。1人は搬送先の病院で死亡が確認され、もう1人は重傷。名張署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同市つつじが丘南、飲食業森川直哉容疑者(25)を現行犯逮捕した。

 名張署によると、死亡したのは同市つつじが丘北の職業不詳永田忠生さん(63)で、重傷を負ったのは同、職業不詳の男性(60)。

 森川容疑者は「酒を飲んで車を運転したことは間違いありません」と供述。呼気からは基準を上回るアルコールが検出された。

(9月4日13時06分)

社会(9月4日)