国内外ニュース

長崎、中3いじめ自殺で和解 学校側の過失を認定

 長崎県新上五島町で2014年に起きた町立中学3年の松竹景虎さん=当時(15)=のいじめ自殺を巡り、両親が県と町に損害賠償を求めた訴訟は4日、いじめ防止措置を怠った学校側の過失を認めた上、町が和解金4千万円を支払う内容で、長崎地裁で和解した。

 松竹さんは3年生になった13年4月ごろから、同級生に「調子に乗っている」「死ね」と悪口を言われ、無視されるようになった。14年1月に自宅近くで自殺した。

 町の第三者委員会は昨年1月、「過酷ないじめを受け続け、それが原因で自殺した」との調査報告書をまとめたが、町は「納得がいかない」としていた。

(9月4日16時25分)

社会(9月4日)