国内外ニュース

DeNA、AI使った配車アプリ タクシーで実験

 配車アプリ「タクベル」を発表するディー・エヌ・エーの担当者(左)と神奈川県タクシー協会の幹部=4日、横浜市  配車アプリ「タクベル」を発表するディー・エヌ・エーの担当者(左)と神奈川県タクシー協会の幹部=4日、横浜市
 IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)は4日、人工知能(AI)を使って乗客の需要を予測するタクシーの配車アプリの実証実験を開始すると発表した。神奈川県タクシー協会と共同で、横浜市内の一部を対象に12日から10月31日まで実施。実用化し、来年以降は同県外での導入も目指す。

 AIは天候や催し物などの情報を収集。30分後に顧客が増えそうな地域を予測し、専用アプリ「タクベル」を通じてタクシー運転手のスマートフォンに知らせる。DeNAによると、AIを使った配車アプリは国内では珍しいという。

(9月4日16時32分)

経済(9月4日)