国内外ニュース

G7が北朝鮮核実験を糾弾 議長国イタリアが声明発表

 【ローマ共同】先進7カ国(G7)首脳は4日、北朝鮮による6回目の核実験を「可能な限り強い言葉で非難する」と糾弾する声明を出した。G7議長国イタリアが発表した。声明は北朝鮮を「21世紀に核実験を行った唯一の国」とし、脅威にさらされている地域の各国に連帯を表明した。国連安全保障理事会による制裁強化への支持も盛り込んだ。

 声明は、北朝鮮は「深刻な国際法違反を繰り返し、国際社会に対する挑戦を続けている」と批判。世界の平和と安定に対する新たな段階の脅威が増していると懸念を示し、北朝鮮に対し、国連安保理決議に従って核・ミサイル開発を放棄するよう要求した。

(9月4日23時11分)

国際(9月4日)