国内外ニュース

ボルト、京都で子どもと交流 引退後、初来日

 スイスの高級時計「ウブロ」のイベントに参加し、地元の子どもたちとポーズをとるウサイン・ボルト氏(後列左から3人目)=5日午前、京都・祇園  スイスの高級時計「ウブロ」のイベントに参加し、地元の子どもたちとポーズをとるウサイン・ボルト氏(後列左から3人目)=5日午前、京都・祇園  スイスの高級時計「ウブロ」のイベントに参加し、鏡開きでポーズをとるウサイン・ボルト氏=5日午前、京都・祇園  スイスの高級時計「ウブロ」のイベントに参加し、鏡開きでポーズをとるウサイン・ボルト氏=5日午前、京都・祇園  スイスの高級時計「ウブロ」のイベントで、舞妓とポーズを披露するウサイン・ボルト氏=5日午前、京都・祇園  スイスの高級時計「ウブロ」のイベントで、舞妓とポーズを披露するウサイン・ボルト氏=5日午前、京都・祇園
 8月に引退した陸上男子短距離のウサイン・ボルト元選手(ジャマイカ)が5日、京都・祇園で、スイスの高級時計「ウブロ」のイベントに参加し、地元の子どもたちと交流した。

 引退後、初めての来日。スポンサー契約を結んでいるウブロが、新店舗のオープンを記念して招いた。この日は、歓声の中、店舗前に登場。子どもの駆けっこを見守りハイタッチを交わした。舞妓も加わり、おなじみの弓を引くようなポーズを一緒に披露。通りは撮影しようと集まった人で一時騒然となった。

 ボルト氏は「やりたいことはやりきった。誇りに思う。(今後は)サッカーや解説者などさまざまなことに挑戦したい」と語った。

(9月5日12時36分)

暮らし・話題(9月5日)